FAQ一覧

Q1. 準備期間はどれくらい必要ですか?

A.数ヶ月前からでも問題ないですが、理想としては半年以上前から準備をなされる事をお勧めします。準備期間が長いほど、そして資金に余裕があればあるほど有意義な留学生活を送ることができるでしょう。

2016年04月01日

Q2. 費用はどれくらい必要ですか?

A.ワーキングホリデーであれば、最低100万円用意される事をお勧めします。私の希望としては110万円~120万円ぐらいではないでしょうか。留学では、予想にしていない出費がよくあるためです。就学許可書 (学生ビザ) で渡航される方であれば、1年間で200万円は必要になるかと思います。しかし、滞在方法によって大きく異なりますので、あくまでも目安にしていただければ幸いです。

2016年04月01日

Q3.留学する地域はどのようにして決めたら良いのでしょうか?

A.まず、各地域の特徴をよく知ることが重要です。特徴を知った上で、自分と合いそうな地域を選ぶといいかと思います。また、費用に限りのある方は物価が安い地域 (カルガリー) に行くと良いでしょう。ブリテイッシュ・コロンビア州のバンクーバー・ビクトリアは税金12%に対しアルバータ州のカルガリーは5%となります。またオンタリオ州のトロントは13%です。

2016年04月10日

Q4.語学学校はどのようにして選べばよいのでしょうか?

A.バンクーバーやトロントの大都市にはたくさんの語学学校があるため、何を基準に選べばいいのか分からない方も多いと思います。まずはどういった分野に力を入れて勉強したいか考えてみましょう。(文法・スピーキング・資格対策など) それらを踏まえて自分がスキルアップしたい分野に定評のある学校を選びましょう。語学学校の紹介・入学手続きもしておりますので、お問い合わせ下さい。

2016年04月01日

Q5.ワーホリで留学するのですが、仕事は見つかるのでしょうか?

A.仕事の求人は、春先から夏にかけて多くなります。ワーホリの方々は、だいたい3ヶ月間語学学校に通う方が多いので、それを考慮して1月~2月に渡航されるのが一番良いかと思います。この時期であれば、航空券も比較的安くなりますので節約することができます。通常6ヶ月語学学校に通う事が出来ますが、ワーホリ許可書期限が短くなるほど仕事探しに不利になっていきますので注意しましょう。時期に考慮して職種に特別なこだわりがなければ問題なく現地で働くことができます。

※ 職種例:コーヒーショップ・お土産屋・本屋・日本食レストラン・カナデイアンレストラン・キッチンヘルパー・アパレル関係・ホテルなど

2016年04月01日