ホームステイ・語学学校の詳細

ホームステイで異文化交流!
留学にはシェアハウスなどの滞在方法はありますが、ホームス
テイが一番貴重な経験となるでしょう。現地の方との生活を通
しカナダの文化に親しむことができます。短期の方には特にお
勧めですが、長期滞在の方も最初の数ヶ月はホームステイで滞
在するのが一般的となっています。




ホームステイの疑問!?

期間:基本的には1週間から手配可能です。

人種:カナダは人工の約半数が移民の人々なので、アジア系・ヨーロッパ系・南米系の家庭にホームステイする事もよくあります。

家族構成:家族によって小さい子供・高校生の子供がいたりと様々です。しかしステイされる方によっては子供が苦手だったりするケースもあるので、ある程度はご希望に添えるように配慮しています。

ルームメイト:お客様以外にも他国の生徒が滞在しているケースがよくあります。通常は日本人以外の生徒なので国際交流ができ素晴らしい経験になります。同じ国籍の方が滞在しないようにしているのがルールとなっています。

食事:①2食 (朝・夜) ②3食 (朝・昼・夜) から選ぶことができます。
一般的な食事例:朝食 (コーンフレーク・トースト)、昼食 (サンドイッチ・フルーツ)、夕食 (パスタ・ポテト・魚類・肉類・米類)

入浴:日本のようにお風呂に入る習慣がないため、シャワーのみとなります。

テレビ:自分の部屋にテレビが置いてあるケースとリビングに1台あり、家族と一緒に見るケースがあります。もちろん自分の部屋にあった方がいいかと思いますが、テレビに関しては運次第となります。

インターネット:環境が整っていない家庭もたまにありますが、最近はネットを利用できる家庭が多くなってきています。心配であればネット利用が確実にできる家庭を希望しましょう。

洗濯:通常週1回となりますので、衣類も多めに持っていきましょう。自分で洗濯するケースとホストマザーまとめて洗濯するケースに分かれます。


語学学校の疑問!?

期間:1週間から入学可能です。

英語のレベル:初心者から上級者まで誰でも入学可能です。学校の初日にオリエンテーションレベル分けテストがあり、その後自分のクラスがあります。小・中規模の学校は1~6のレベル数、大規模校では1~13ぐらいに設定されているのが一般的です。

授業スタイル:基本的に①午前中のみ②午前+午後+選択科目の3つのパターンに分かれます。②の授業スタイルを受講する方が多いです。

授業内容:話す・聞く・読む・書くを基本にバランスよく学びます。学校によっては月に1回自分でテーマを決めて、クラスで発表するプレゼンテーションがあります。

資格習得:一般英語以外にもTOEIC・TOEFUL・IELTS・ケンブリッジ英検などの資格対策向けの授業も豊富です。

生徒の国籍:日本人・韓国人・台湾人・南米の方やヨーロッパの方々まで国際色豊かです。初級のクラスになるほど日本人やアジア人の生徒の比率が高くなってしまいます。夏の時期はヨーロッパからの生徒が非常に多くなります。

アクテビテイ:授業以外にも、放課後や休日に出かけるイベントがたくさん用意されています。参加費が必要な場合と無料のイベントもたくさん用意されています。